名前入り 出産祝い、喜ばれるために欠かせない3つのポイント

赤ちゃんの名前入りの出産祝い、最近はネット通販が普及したことで多くの種類が販売されていますね。

ですが、種類が多すぎて「名前され入っていればどれでもいいの?」「種類が多すぎてどれを贈ればいいのかわからない」などと思っている方も多いはず。

そこで、実際に出産祝いに名前入りのプレゼントを頂いたり贈ったときの「手にしたときの印象」「使用感」さらに「出産祝いに贈ったり贈られた方たちの口コミでの評価、評判」などを調査した結果、名前入りの出産祝いを選ぶときに、以下の3点のポイントを意識すると、喜ばれる可能性が格段にUPすることが分かりました。

名前入りの出産祝いをお探しの方、是非参考にしてください。

index

名前や素材が布や木などの自然素材で作られた出産祝いであること

ベビー用品は扱いやすさからメラミン製やプラスチック製のものが多くなりがちです。

出産祝いを選ぶときも、扱いやすさを重視するあまり、メラミン製などを選ばれることも多いですが、名前入りの出産祝いを贈る場合は特に、木や布などの自然素材のものを選ぶ方がいいです。

人口素材に名前を入れる場合、素材上、どうしても機械的になり、それだけで特別感が薄くなってしまいます。

さらに、贈られる側も、赤ちゃんが使うものなので、自然素材の方が安心して使うことができ、やはり贈られて嬉しいものです。

本当に素材が変わるだけで名前も存在感が増し、特別感もさらにUPします。

最近は特に、素材や品質にこだわるパパママは増加傾向にあるので、自然素材のものを選ぶことは、名前入りの出産祝いを選ぶときの大切なポイントです。

名前入れがプリントではなく、人の手によって入れらているものであること

素材と同様に、名前入れ自体もコピーやプリントではなく、人の手によって名前入れされたもの、もしくは、こだわりを持って名入れされている商品を選ぶことは、名前入り出産祝いを選ぶ際に欠かせないポイントのひとつです。

せっかくの名前が、コピーやプリントでは、どうしても機械的なイメージがでてしまい、特別感は薄れます。

人の手でひとつひとつ入れられる名前は、ぬくもり感が全く違い、特別感も格段にUPします。

写真や画像からでも分かるくらい、この差はとても大きいものです。

名前入れに、人の手が加わること、名前入れへのこだわりのある商品を選ぶことも、名前入りの出産祝いを贈るときに欠かせないポイントです。

実用性が高いものであること

実用性が高いものを選ぶのも、名前入りの出産祝いを選ぶときに大切なポイントです。

せっかく名前を入れて贈ってもらっても、使える期間が短すぎるものや、使いづらいものであれば喜んでもらうことはできません‥

デザインもシンプルなものの方が、飽きがこず長く使い続けてもらえる可能性が高いです。

出産祝い用のギフト対応がなされていること

いくら商品や名前入れが素敵でもギフト対応がなされていないと、ラッピングに自信があったり、ラッピングは自分でこだわりたい場合を除いては、二度手間になりかねません。出産祝い用にきちんと対応されている商品を選ぶことも大切です。

編集部コメント
これらのポイントをしっかり抑えておけば素敵な名前入りの出産祝いが贈れます。